HOME > 外 来 > COPD(慢性閉塞性肺疾患)の取り組み

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の取り組み

COPDの治療

COPD(慢性閉塞性肺疾患)をご存知ですか?

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、主に長期喫煙によってもたらされる肺の炎症性疾患で、
「死より恐ろしい疾患」と言われ、WHOでは死亡順位が2020年で第3位になると予測されている病気です。
COPDによる死亡は、わが国でも増加傾向にあります。

症状としては、咳・痰・息切れを主訴として、緩徐に呼吸障害が進行します。
当院は呼吸器に特化しており、COPDの治療にも力を入れて取り組んでおります。

最近「咳が続く」「呼吸をするのがしんどい」 等思い当たる症状のある方は、一度ご相談ください。

 

~当院におけるCOPDに関する取り組み ~

8/26(火) 第1回 COPD講習会(職員向け)実施

8/27(水) 産経新聞 夕刊 「健康ライフ」欄にCOPDについての松谷理事長のインタビュー掲載

健康ライフ8月27日 (1)

10/1(水) 産経新聞主催 COPDセミナー(@サンケイホール) 講師:理事長 松谷 之義

10/29(水) 第2回 COPD講習会(職員向け)実施

このページのトップへ